主婦でも借りれる!利用できるカードローン

カードローンというと男性のイメージがある人もいるかもしれません。しかし実際にはカードローンは女性、それも主婦の利用が一定数あります。
主婦向けと言っても良いカードローンもいくつかありますのでご紹介します。

 

 

主婦がカードローンを借りる時のチェックポイント

専業主婦ですか?兼業主婦ですか?

専業主婦だと申込み可能なカードローンが限られてきます。特に消費者金融になると専業主夫への貸し出しは原則してくれません。配偶者(旦那さん)の収入をベースに審査をする配偶者貸付という制度もありますが、専業主婦というだけでNGとしているところもあります。
一方、働いていて職を持っていればすべてのカードローンに申し込み可能です。
職は正社員であるということありませんが、パートやアルバイトでも申込みが可能です。申し込めるところは消費者金融の他、銀行のカードローンもあります。
大手銀行のカードローンをあとでご紹介します。

カードローンの返済が思っていたよりも大変で返済出来なくなってしまったって事があるのですが、その時にやっておけばよかったなと思うことがいくつかあります。それはまず、相手に連絡をとりお互いに納得のいくよう返済額の見直しをお願いすることです。延滞して払えなくなってしまった場合でもちゃんと連絡を取っていくということが一番大事です。最悪の場合裁判所へ来て下さいなんて事にもなりかねないのでどんなに気が進まなくても連絡を取るころをお勧めします。
次にお金の準備をしなくてはならないのですがこれは、他のカードローンを使う事や消費者金融からの借り入れ以外の方法を使って用意するべきでしょう。親や親戚に事情を話して貸してもらえるのなら一時的にお借りして返済にあてるのがいいでしょう。そんなの恥で出来ないという方がいらっしゃるようでしたらそんなものは捨ててしまいましょう。まずお金を返せない事により相手先に迷惑をかけている事実を忘れてはいけません。主婦のローン審査情報などのサイトを参考に、返済計画についても十分吟味する必要があります。
まずはしっかりと相手先に連絡を取り、その後どうしても必要であれば親族に借りるというのが返済できない場合のベストな対処法です。